闇金の被害にあってしまっている場合

高い金利や違法な取り立てを行う闇金の被害を受けている方は、早めに解決をしないと自分だけの問題ではなくなってしまう可能性があります。家族や会社にも被害がおよぶ可能性があるためで、今は周りに借金が知られていないとしても、被害が拡大すればいつかばれてしまいます。

 

そうならないためにも、闇金の被害は一日でも早くに解決をする必要があります。

 

 

闇金の借金は、一度でも借りてしまうと自分一人での解決は難しくなります。もし借りてしまった場合には、すぐにでも無料相談が出来る法律事務所に相談をし、闇金の借金が解決出来るか、被害から開放できるかを聞いてください。

 

中には闇金対策に強い法律事務所もありますので、闇金の被害からすぐにでも抜け出せるようになります。

 

ヤミ金の手口の具体例を知る

「ヤミ金」、「闇金」、「ヤミ金業者」。皆様はこれらの文字を見てどの様な感覚を覚えますでしょうか。ヤミ金業者の事を知っている人であれば勿論、ヤミ金業者の事を全く知らない人でも、「ヤミ金」、この言葉の響き、文字の字面を見ただけで「怪しい」と感じるのが普通です。

 

ヤミ金業者は違法な金利で貸金業の免許を持たず貸し付けを行う金融業者の事を指します。

 

ヤミ金業者には様々な手口があります。今回はその中でも代表的な事例として、ヤミ金業者の「090金融」について知っておきましょう。ヤミ金業者の090金融とは、ヤミ金業者の多くが固定電話の回線を持たず、携帯電話で営業を行っている事からこの名前が付きました。

 

元々は看板や大々的な広告、そして店舗すら持たない違法なヤミ金業者がヤミ金業者の携帯電話番号だけをチラシなどに印字して「お金を低金利で貸します」などと嘘の誘い文句を躍らせ、人々を騙してお金を貸し付けていた事が090金融の発祥と言われています。

 

現在では店舗もあり、広告も出しているものの、固定電話を引かずに携帯電話の番号を対応用の電話番号として掲載しているヤミ金業者も多く、金融業者が固定電話を引いているか携帯電話のみで営業しているかどうかの点は、ヤミ金業者か正規の金融業者かどうかを見分ける為の判断材料ともなっています。

 

どちらにしても、闇金からの借金はするべきではありませんので、借りてしまった場合や取り立ての被害を受けている場合には、一日でも早く闇金の借金相談を進めてください。

 

法外な金利で返済は難しいのが闇金

闇金融からお金を借りた経験はありませんが、結構、利用する人を見かけます。

 

ファミレスなどの駐車場で見かけますが、車の中で親しい男性からお金を借りている人、完全に闇金からお金を借りています。高齢者、主婦などさまざまな人が借りていますが、だいだいが多重債務者やカード会社、金融関係のカードを作れない人たちばかりです。

 

ちなみに闇金ではなく、正常な金融関係で延滞をして代弁、債務整理、自己破産をした人は5年以上は新規でかーどを作ることができません。例えばB社で借りていた場合、当然B社でカードを作ることはできませんが、この情報は全国の金融機関、カード会社で共有されてしまうため、他の会社でも作ることができないのです。

 

それを勘違いして、1社がダメでも、違う1社に申し込みをしてしまう人がいますが、それはNGです。

 

そうなってしまった場合、闇金から借りるしかなく、当然金利もものすごく高い。普通の金融機関関係であれば、法律上の金利設定があるので、10万円くらいであれば15%、17%が上限でしょうが、闇金は30%や40%など法外の金利だと思われます。当然、こんな金利で多額借金をしてしまうと返済できません。

 

自己破産、債務整理も難しいと思われますので、利用しないようにしましょう。

 

闇金の具体的な対処法や正しい解決の仕方、手口や被害については、詳しく書かれている闇金から逃げるを見ておいてください。